会社によって料金が異なるのか
2016.12.20

subimg02人が足りなければその分仕事をすることができません。いまいる人に残業をしてもらったり休日出勤してもらうこともありますが、長期的にはそれでは人が辞めてしまう可能性があります。適切な人員で運営をしないといけません。人を採用すればその分人件費がかかりますが、従業員の給料以外には採用のためのコストがかかります。全くかけないようにするには職安など公的な機関で募集をすることもできますが、見る人が限られているので求めている人が集まるとは限りません。比較的多くの人が見てくれる媒体として人気があるのがタウンワークと呼ばれるフリーペーパーです。駅などに置かれていて、無料で利用することができます。そのことから、今仕事を探している人から、転職に少し興味がある程度の人まで見てもらうことができます。応募をしてもらえる可能性が高くなります。

民間の求人情報会社を利用するとき、もちろん料金がかかります。特に利用者に負担をかけていませんから、求人を出す側が負担をしないといけないようになっています。どのような設定になっているか知っておくとよいでしょう。まずはサイズがあります。広告として出すスペースごとに決まっていて、最も高いのは1ページ丸ごと一社の情報が掲載されるタイプです。募集の職種などの基本的な情報も掲載できますし、写真、社員からのメッセージなど多くの情報を掲載できます。何と言っても視覚的に注目されやすくなります。1ページの次はページの半分ぐらいです。それ以降、ページの3分の1程度、4分の1、6分の1、12分の1、24分の1のスペースから選べるようになっています。広くなるほど高くなりますが、広いほどスペースに対する料金の割合は安めに設定されています。

全ての地域で同じ様に利用できるわけではありません。関東地方であれば、最も高くなるのが東京都心版になります。東京都内を中心に配布されるタイプで、かなり多くの人に見てもらえる可能性があります。東京以外の都市部を中心に置いてもらえるタイプが首都圏エリアになります。目安としては、東京都心版は、首都圏エリアの倍ぐらいです。それくらい影響力が異なるともいえます。関東の場合であればもう一つパターンがあり、北関東エリアがあります。首都圏エリアよりも少し安めに設定されているので、北関東地方を中心に募集をかけるのであれば、こちらのサービスを利用した方が良いでしょう。関西になると、関西地方全般と大阪市内とで少し体系が異なります。

▲ ページトップへ